CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ザッピング
ヤフーログール
あわせてよみたい
とらっくわーど
MOBILE
qrcode
<< トップページの変更 | main | ファイナンシャル・プランニング 1−補足 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ファイナンシャル・プランニング1回目
税金の控除を増やす
連動して健保も安くなる

国民年金基金の付加保険料は入っておく
国民年金は年払いにする               

国民健康保険の保険料は(翌年)社会保険料控除になる                                        
住民税や所得税は控除ができるが、
住民税を安くするのは所得税を安くするのと一緒で
控除を増やすこと                                        

確定拠出年金に積み立てを最大で80万円控除が増える(月68000円)                                    
小規模企業共済最大で80万円まで控除が増える(年利1〜2%)                               
法人は中小企業退職金共催(年間36万円)                                        
                          
外国税額控除の申告をすると税額がもどってくる                                   
確定申告の時に配当金のうち税金が3割源泉徴収されていて1割が外国勢2割が日本の所得税                         
ダブルでとられているので、申告すると外国税額を免除してくれる                                   
今年の確定申告も修正申告できる。これをやると住民税も安くなる。

寄付金控除 4割戻ってくる(領収書をもらわないといけない)。
寄付の中にも所得控除と税額控除の団体があり、
団体公益財団法人とか公益社団法人とか認定NPO法人の税額控除できる団体の中から選ぶのがいい。
学校法人とかに寄付すると税額控除が受けられる。
自治体の住民税を節税する場合は自治体が指定した団体でないといけない。                                   
県と市と国が重複する団体を選べば効率的。
| 投資 | 13:36 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:36 | - | - | pookmark |